人気ブログランキング |

鴻巣市議会議員 かなざわ孝太郎のブログです。


by koutarou-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

孝太郎だより 53

   第53回 『 孝太郎だより 』             

    平成30年 7月吉日    討議資料


鴻巣市議会議員のかなざわ孝太郎です。健康で安全・安心、住みよい鴻巣になるために、一日一日を大切に、議員活動を行っています。

さて、7月1日()に行われた鴻巣市長選挙、我々が応援した原口和久氏が、新人候補を破り5期目の当選を果しました。今後4年間の新たな鴻巣市発展のため、今までの原口市政を継続し、発展の流れをつなげていくよう、私は連日 街頭演説や駅立ち等で市民の皆様にお訴えをさせていただきました。ご支援をいただき有難うございました。

今後は原口市政と連携・協議しながら、市民福祉の向上・市政の発展に努めていく所存でありますので、変わらぬご指導・ご鞭撻をいただけますようお願い申し上げます。

◎鴻巣市長選挙を振り返って

原口和久氏 当選 20703票 : 細川英俊氏13626票  投票率 35.0%

今回の市長選挙、原口和久氏は3月議会で出馬表明をしましたが、市議会議員3年目の新人候補は6月に立候補しております。新人候補は議員の自動失職としましたので、市議会議員の補欠選挙は行われず、来年4月まで市議会議員は25名となります。

両候補者の選挙公約は、鴻巣市の人口減少対策が主な公約となっており、今後の人口減少の抑制に向けた施策等で、同じような公約等になっていました。

一方、新人候補者は、新ごみ処理施設建設の候補地選定を問題視しておりました。ごみ処理施設の整備は、鴻巣市・行田市・北本市の3市合同の環境資源組合が行っておりますが、選挙の争点を原口候補者の地元である郷地・安養寺地区に建設整備するか、否か?と市民の皆さんの声を聞く、見かたを変えれば「住民投票」的な市長選挙となってしまった、と私は考えます。 ごみ処理施設の整備は、国、県等の指導により3市の環境資源組合議会で審議・協議しながら、建設に向けて整備していきます。

今回の市長選挙市議会議員25名中17名が原口候補を、街頭演説やミニ集会、駅立ち等で応援しました。5期目の原口市政の運営を議会側のチエックを図りながら、安全・安心なまちづくりと市民福祉の向上にむけ、努めてまいります。

◎鴻巣市議会報告

○平成30年度 持続可能なまちづくりの主な事業の取組み

・上尾道路Ⅱ区間の整備: 整備計画では、県道さいたま鴻巣線の西側を平行し、高尾2丁目交差点や御成橋()交差点を交差し、鴻巣西中学校のすぐ東側の農地を通り、田間宮小学校の付近から北西に、箕田交差点を交差し国道17号線に接続する。 平成30年度は宮前~登戸地区の用地測量と物件調査を実施します。(県道鎌塚鴻巣線以南約650m・対象地権者180名)

・デマンド交通の実証運行: 70歳以上の方、要介護・要支援の認定者、障がい者、小学校

就学前のお子さん等の日常生活の移動手段として、タクシーを利用して自宅と公共施設や

病院・商業施設等を移動できる公共交通です。利用料金は1台1回500円~2000円で、

ご利用者は事前登録が必要です。市役所・各支所・各公民館等で手続をしてください。

・産業・交流拠点推進プロジェクト: 埼玉県は圏央道以北の産業振興等を図るため、上尾道路の延伸を考慮し、北鴻巣熊谷パイパス沿いに工業・流通等産業立地に向けた土地利用(工業団地等)を、埼玉県企業局と鴻巣市で協議・検討しています。「道の駅」の整備と合わせ、地域の活性化・雇用機会の増加等に期待します。

・鴻巣駅東口駅通り再開発: H31年7月竣工を目指し、14階建て住宅等建設また駅通り通線や周辺道路3路線の道路拡幅工事や電線類の地中化工事を行います。マンション195戸も完売に近い状況です。隣接する公共公園は防災公園として、また中心市街地の憩いの場としてお祭りやイベント等に利用できるようにします。

・防犯灯のLED化実施: 夜間の犯罪発生抑制や電気料金の縮減のため、既に蛍光灯式防犯灯約7600基のLED化の実施、今後200基の水銀灯・ナトリウム灯のLED化を行い、消費電力等の削減を図ります。

・中央公民館エリア再編構想: 中央公民館・中央児童公園・東小学校・鴻巣中学校・鴻巣女子高等学校等を含めた今後の再編計画を、前橋工科大学を中心に進めています。

○財政状況 

・市債(借金): H30年度末残 273060万円 対前年比+41710万円 18.0%増

・合併特例債の活用: 発行可能額3276480万円に対しH29年度末残高は2959190万円 90.3%となります。H30年度は10事業に約7360万円を活用予定で、その後の残高は約246900万円の計画です。

・財政調整基金: 本市の計画的な財政運営や年間の財政調整に活用する基金で、H29年度末残高は253776万円で、H30年度末残 約134400万円を見込んでいます。

・減債基金: 公債費(借金)の償還に必要な財源として約14億円を積立てます。本市はH30年度~34年度の5年間が返済のピークとなり各年度約50億円弱となります。基金の活用で財政負担の平準化を図ります。

*市民の皆様からのご意見、ご要望をお聞かせください。

皆様からの要望を行政に働きかけ、実現に向け鋭意努力してまいります。

先人たちが築いてきた歴史や文化、伝統を引き継ぎ「住んでよかった、住み続けたい鴻巣」を議員信条とし、皆様方のご期待に応えるべく努力して参りますので、引き続き温かいご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

                                                                鴻巣市議会 議長 かなざわ孝太郎


# by koutarou-k | 2018-07-10 18:00 | 市議会報告

b0198542_16363513.jpg
 議長退任のあいさつ
 昨年5月15日の臨時議会におきまして、議員各位のご推挙をたまわり、議長の要職を拝命いたしましたが。本日平成30年 5月28日 鴻巣市議会議長を退任いたしました。
議長就任以来、皆様方の温かいご支援とご協力によりまして、公平な議会運営や議会改革の推進等を、微力ながらつとめさせていただきました。心から厚く御礼申しあげます。
今後は一議員として、鴻巣市の市民福祉の向上・市政の発展に献身する所存でございます。
今後とも変わらぬご指導・ご鞭撻をいただきますよう、重ねてお願い申し上げまして、私 金澤孝太郎からの議長退任のご挨拶といたします。

# by koutarou-k | 2018-05-28 20:00 | トピックス

孝太郎だより  51

51回 『 孝太郎だより 』       平成30年 3月吉日    討議資料

鴻巣市議会 議長のかなざわ孝太郎です。健康で住みよい鴻巣になるために、一日一日を大切に、議員活動を行っています。

国内の経済状況は、雇用環境や所得環境の改善が続き、経済の好循環が見えつつあります。

鴻巣市は、誕生して初めて経験する人口減少を見据えた行政運営、そして、自治体間競争に勝ち抜くまちづくりを、市民の皆さん・行政・議会とともに知恵を出し合い、力強く進めていかなければなりません。私は議長として、公平な立場で円滑な議会運営を続けてまいります。引き続き温かいご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

◎鴻巣市議会報告

○平成30年度予算大綱 : 少子化高齢化・人口減少の到来が確実な本市において、医療、介護、子育て支援など福祉給付費等の増加や公共施設の老朽化対策等、さらなる財政需要への対応が必要で、厳しい財政運営が続くと考えます。原口市政は平成30年度を「未来に向けた基盤づくりの1年」と位置づけ、将来都市像「花かおり 緑あふれ 人輝くまち こうのす」を実現するための予算編成にしました。特に、市民ニーズを的確に捉え、費用対効果を考慮したうえでの事業の重点化を示唆しております。

○平成30年度 当初予算 : 一般会計予算は369億円 前年度比175000万円の増加、特別会計は2261500万円、公営企業会計は761763万円で、鴻巣市の予算総額は6713263万円です。予算総額規模は前年度比77416万円△1.1%の減少です。

○平成30年度 持続可能なまちづくりの主な事業の取組み

・こうのとり出産祝金支給事業: 子どもの出生を祝福し、第1子・第2子には2万円、第3子以降は5万円の出産祝い金を支給します。

・こども医療費支給の拡大: 18歳年度末までのこども3人以上養育している多子世帯まで医療費の支給を行っていますが、H30年度は新たに入院に係る医療費の補助を18歳年度末まで拡大します。(予算363,088千円)

・コミュニティスクールの推進: 従来の学校評議員制度に替わり、コミュニティスクール(学校運営協議会)を設置します。教育委員会と校長の権限と責任で、地域総がかりで子ども達を育てる体制の整備をします。今年度はモデル校を2校で実施します。(予算390千円)

・中学校給食センターの移設: 老朽化した現センター隣りの鴻巣市第2体育館を解体(予算80095千円)した後、跡地に移設します。H30年度は設計等を行います。(予算59400千円)

・健康ウオーキングポイント事業: 埼玉県の「コバトン健康マイレージ」に参画し、定員を500人増し3000規模を予定し、「歩鴻マップ」6コースを奨励していきます。(予算1736千円)

・デマンド交通の実証運行: 高齢者・障がい者・子育て世帯等の日常生活の移動手段として、デマンドタクシーの導入を検討するため実証運行を行います。(予算9,000千円)

・産業・交流拠点推進プロジェクト: 上尾道路の延伸を考慮し、北鴻巣熊谷パイパス沿いに工業・流通等産業立地に向けた土地利用(工業団地)を検討していきます。

・鴻巣駅東口駅通り再開発: H317月竣工を目指し、住宅等建設また周辺道路4路線の道路拡幅工事、電線類の地中化工事、公園整備工事を行います。(予算1,087,535千円)

・吹上北側生涯学習施設の建設: 生涯学習施設を児童センターの複合施設を北新宿土地区画整備地内に建設します。H324月の開館予定です。(予算289,614千円)

・防犯灯の管理: 夜間の犯罪発生抑制のため、年間200基の水銀灯・ナトリウム灯をLED化を計画し、消費電力等の削減を図ります。(予算289,614千円)

・中央公民館エリア再編構想: 中央公民館・中央児童公園・東小学校・鴻巣中学校・鴻巣女子高等学校等を含めた今後の再編計画を、前橋工科大学を中心に進めています。

・未来を担う重点課題の取組では、新ごみ処理施設の建設事業(予算171,099千円)、「道の駅」基本計画の策定(予算7,325千円)、コウノトリの里づくり事業(予算13,066千円)、市民要望の多い総合病院の誘致などを推進します。

〇国民健康保険の改定: 国保制度の改正により、H304月から埼玉県が財政運営の責任主体となります。安定的な財政運営や効率的な事業の確保など、国保運営に中心的な役割を担い、埼玉県と本市が共同保険者となって運営する仕組みに変わります。本市の保険税は45195.62%の保険税率引き上げで1人当たり84,958円となります。

○財政状況 

・市債(借金):H30年度末残 273060万円 対前年比+41710万円18.0%増

・合併特例債の活用: 発行可能額3276480万円に対しH29年度末残高は2959190万円 90.3%となります。H30年度は10事業に約7360万円を活用予定で、その後の残高は約246900万円の計画です。

・財政調整基金: 本市の計画的な財政運営や年間の財政調整に活用する基金で、H29年度末残高は253776万円で、H30年度末残 約134400万円を見込んでいます。

・減債基金: 公債費(借金)の償還に必要な財源として約14億円を積立てます。本市はH30年度~34年度の5年間が返済のピークとなり各年度約50億円弱となります。基金の活用で財政負担の平準化を図ります。

*市民の皆様からのご意見、ご要望をお聞かせください。

皆様からの要望を行政に働きかけ、実現に向け鋭意努力してまいります。

先人たちが築いてきた歴史や文化、伝統を引き継ぎ「住んでよかった、住み続けたい鴻巣」を議員信条とし、皆様方のご期待に応えるべく努力して参りますので、引き続き温かいご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

                     鴻巣市議会 議長 かなざわ孝太郎


# by koutarou-k | 2018-03-21 10:00 | 市議会報告
上尾道路建設促進の政府への要望活動
上尾道路建設促進期成同盟会(埼玉県・鴻巣市上尾市・桶川市・北本市・行田市・さいたま市・埼玉県)の市長・議長と鴻巣・北本市議会上尾道路建設促進議員連盟、並びに5市Ⅰ町商工団体は、国土交通省、財務省、内閣官房長官、自民党本部に建設促進の要望活動を行ってきました。私も鴻巣市議会議長として参加しました。
b0198542_12201315.png

b0198542_12295502.png

















# by koutarou-k | 2018-02-06 10:00 | トピックス

平成30年 新春のご挨拶

http://pds.exblog.jp/pds/1/201708/13/42/b0198542_12194739.png     新春のご挨拶

鴻巣市議会議長のかなざわ孝太郎です。

皆様 明けまして おめでとうございます。 希望に満ちた輝かしい新春をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。

平素より、かなざわ孝太郎の議員活動にご理解とご指導を賜わり、厚く御礼申し上げます。

平成29年は、海外では「米国第一」を掲げたトランプ政権の発足、北朝鮮の核・ミサイル開発の加速、国内では天皇陛下の退位、衆議院選挙で自民大勝、森友・加計学園問題、埼玉県内では花咲徳栄高校の夏甲子園初優勝、行田の足袋蔵が日本遺産等いろいろなニュースが飛び交いました。

平成30年は、想像を超える速さで社会・経済変革の荒波が押し寄せることが予想されるため、前向きな気持で新たなスタートを切る覚悟が必要と思います。

鴻巣市は、昨年から今後10年間の本市の進むべき方向性を明確にした「第6次鴻巣市総合振興計画」の実施や老朽化が目立つ公共施設等を計画的に管理していく「鴻巣市公共施設等総合管理計画」を推進していくことにより、現実化している人口減少・少子高齢化対策を行っていきます。

我々議員はそれら課題の解決に向け、社会情勢の変化や地域のニーズに適応し、子育て支援、若者の定住促進、高齢者を含めた健康づくり等の環境整備に一層努力し、市民福祉向上のため努めていかなければなりません。

かなざわ孝太郎は、政治信条であります「住んで良かった鴻巣へ、健康でうるおいと活力のあるまちづくり」実現に向け、市民の皆様の負託に応えるよう一生懸命議員活動を行ってまいります。今後とも変わらぬご支援・ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

       平成30年1月吉日           鴻巣市議会議長 かなざわ孝太郎


# by koutarou-k | 2018-01-01 10:00 | トピックス