鴻巣市議会議員 かなざわ孝太郎のブログです。


by koutarou-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「こうのすシネマ オープン!」
 東日本大震災で被害を被り、休館していた映画館が、日本初の市民ホール融合型シネマコンプレックスとして、いよいよ7月5日にオープンいたします。市民ホールを併設する映画館で、自治体が所有する映画館を民間の興行会社が運営するのはめずらしく、東映系の大手シネコン会社㈱ティ・ジョイ(岡田裕介東映社長)が指定管理者として運営していきます。
 私・金澤は、シネコンの新たなビジネスモデルとして全国的にも注目されており、多くの市民の皆さんや近隣の映画ファンが熱望していた映画館の再開であります。「鴻巣市民活動センター」とともに、市民参加型の文化振興の拠点として、市民の皆さんの心のオアシスになってほしいと願っています。また、映画館の誘致に際し、ご尽力していただいた方々に心から感謝申し上げます。

 7月3日に「こうのすシネマ オープン式典」が原口和久市長をはじめ自治体関係者、岡田裕介東映社長、女優の小林綾子さん、市民の皆様、シネマ・報道関係者等により、盛大に開催されました。
私も市議会として挨拶をさせていただきました。
                      (あいさつ文)
 東日本大震災から2年余り、映画文化を継続したいと願う、多くの市民の皆様方が待ち望んでいた「こうのすシネマ」が完成し、オープンいたしますことは、誠に喜ばしい限りであります。 この施設は、映画館と市民ホールを融合した施設であり、日本初の市民ホール融合型映画館、シネマコンプレックスであります。今後、市民参加型の文化振興が図られ、市民の福祉の増進に大いに寄与するものと思っております。
 市議会といたしましても、「こうのすシネマ」が、市民の皆様方に多くの夢や希望・感動を与える場となり、元気・活力を与え、かつ 心のオアシスとなることを切に願っております。
 映画館開設に当たり、指定管理者である(株)ティ・ジョイ様の持つノウハウ・経営力に大いに期待するものであります。結びに、こうのすシネマの発展と映画文化がもたらす大きな力が、鴻巣市のますますの発展に繋がることを期待いたします。
[PR]
by koutarou-k | 2013-07-04 09:00 | トピックス