人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鴻巣市議会議員 かなざわ孝太郎のブログです。


by koutarou-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

第69回 孝太郎だより

第69回 孝太郎だより_b0198542_19553817.jpg 第69回 『 孝太郎だより 』                令和2年10月吉日 討議資料
鴻巣市議会議員の金澤孝太郎です。地球規模の気象変動の予兆もあり、異常気象による深刻な被害が発生しております。台風対策・豪雨水害対策・地震対策等避難も含めた地域防災対策の計画見直しも急務です。新型コロナウィルス感染症拡大の防止のため、今まで経験したことのない日常となり、新しい生活様式が求められ定着しつつあります。一日も早い新薬の開発が望まれます。「密閉・密集・密接」の3密を避けて、健康で賑わいのある生活が取り戻せるよう頑張りましょう。
◎ 議会報告 と トピックス
● 令和元年度鴻巣市決算認定 : 令和元年度は市政施行65周年の節目の年でありました。原口市政は持続可能となる都市を目指し「飛躍に向けた希望の1年」と位置づけ、子育て支援、健康づくり、定住促進等の施策を積極的に展開してきました。令和元年度決算状況は、一般会計と特別会計を合わせた予算総額が634億6934万円です。一般会計決算の最終予算額は394億2948万円で、歳入が393億8535万円 前年度比2.6%の増加、歳出が376億772万円 前年度比3.8%の増加となりました。 市の預貯金である基金残高は、106億5122万円となり前年度残高と同程度をキープしています。 市の財政健全化状況は、実質公債費比率・将来負担比率など国が示す4項目の財政健全化基準を全てクリアーし、良好な状況で健全な財政運営が継続されています。本市を取り巻く環境は、新型コロナウィルス感染症対策や風水害等の自然災害対策の費用、高齢化の進展に伴う社会保障費等の義務的経費、さらに都市基盤・公共施設の更新等の支出が増加し、今後も厳しい財政運営が見込まれます。令和元年度決算は、安定的な財源確保に裏づけされた、選択と集中による重点化施策の実施により、各種施策を積極的に取組んできたと思慮いたします。なお、金澤議員は9月議会で、「令和元年度鴻巣市一般会計決算認定」の討論で賛成討論をしました。
●一般会計補正予算第5号・6号・7号の追加 コロナ禍新しい生活様式に向けた施策打出す
コロナ感染症の拡大やインフルエンザが懸念される中、小中学校でのGIGAスクール構想に基づくICT教育学習支援や働き方改革でのテレワークの推進、感染拡大防止のため市の20事業の中止等による予算の減額等の補正予算が可決されました。令和2年度の一般会計当初予算は396憶3500万円でしたが、その後の国の新型コロナウィルス対応地方創生臨時交付金の助成等により、感染拡大防止対策と商工業経済活性化対策等の施策を追加し、予算総額549億2014万円と152億8514万円(含む特別定額10万円給付金:118億円)の増額となりました。コロナ禍新しい生活様式に対応していく具体策が盛り込まれています。
・ICT教育の学習支援事業(3億8282万円) : 鴻巣市立小・中学校の全児童生徒に1人1台の学習用端末タブレット8,509台と周辺環境を整備し、令和3年4月から活用していきます。本市のICT教育は、全国の教育現場の中でも優位な先端技術の教育が可能となります。
・スクール・サポート・スタッフの配置事業(954万円) : コロナ禍、臨時休校中の未指導授業の対応等、学級担当の業務をサポートするため各小学校に1名、スタッフを配置します。
・感染拡大防止の備品整備 : 感染拡大防止のため、飛沫防止アクリルパーテーション・非接触体温計・サーマルカメラ・アルコール消毒液・備蓄用マスク・防護服・フェイスシールド等の備品を追加整備しました。また防災用ワンタッチパーテーションも購入予定です。
・子ども食堂運営団体の拠点整備(189万円) : 子ども貧困対策の一環として、旧屈巣学童保育室を修繕し、エアコン・冷蔵庫等を設置し、子ども食堂の拠点場所としていきます。
・鴻巣市独自の経済活性化対策事業者向け支援策の実績状況 :中小企業者等支援給付金(一律10万円) 2003件 2億30万円 ・家賃等支援給付金(一律5万円) 415件 2075万円 ・テイクアウト等事業支援補助金(上限5万円) 76件 290万円 ・こうのすグルメ応援事業クーポン券 15650枚 313万円の実績です。 9月23日現在
●主な議案・トピックス
・インフルエンザ予防接種費用助成事業(8594万円) : コロナ感染症対策と並列して、例年実施のインフルエンザ予防接種、中学3年生には4000円を上限で、65歳以上の方は県と市で全額助成の無料 自己負担なし、新規に生後6か月~64歳の方は1回2000円を上限に助成します。期間は10月1日~令和3年1月30日です。ワクチン接種を全世代に拡大しています。早めに予防接種をしましょう。
・鴻巣市章・都市宣言審議会条例の制定 : 今年度合併15周年の節目の年に、昭和7年から制定されている市章を合併1周年に制定した現在のKの文字のシンボルマークに変更し、また自治体の独自色を発信する花・緑をテーマとした新たな都市宣言を制定するため、審議会を設置する条例を制定しました。議会の承認を経て令和3年3月の合併15周年記念式典で発表の予定です。
・笠原小学校の統廃合方針示される : 鴻巣市教育委員会は、児童の減少が目立つ笠原小学校を令和4年4月に鴻巣中央小学校と統合する予定です。今後 在校生保護者・地域等への説明会、意見交換会を実施し、学校設置・管理の条例変更、令和3年に統廃合準備委員会(仮)の発足、通学区域の変更で笠原小学校から鴻巣中央小学校へ、鴻巣北中学校から鴻巣中学校への通学区域審議会を開催していきます。少子化の問題が本市にも波及か?
・こうのすシネマ 500円で映画鑑賞 : 市民の日記念特別企画で10月1日から令和3年3月31日まで「市民カード」の提示により、500円で映画鑑賞が期間中何度でも利用可能です。のすっこ応援商品券・祝敬老寿商品券・プレミアム付商品券も利用できます。是非ご利用ください。
・上谷総合公園野球場の改修 : ティ・エス・テック㈱(旧東京シート)と鴻巣市は上谷総合公園野球場の利活用事業実施協定を締結。今年度同社により、野球場の防球ネットの設置や電光掲示板の改修の協力が頂けます。試合の応援に行きましょう。       
* ホームペイジ:「かなざわ孝太郎 ブログ」→「まちづくり ブログ」をご覧ください。
             鴻巣市議会議員   かなざわ孝太郎

by koutarou-k | 2020-10-01 10:00 | 市議会報告