人気ブログランキング |

鴻巣市議会議員 かなざわ孝太郎のブログです。


by koutarou-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

第60回 孝太郎だより

かなざわ孝太郎です。4月21日の鴻巣市議会議員選挙、4回目の当選させていただきました。ご支援いただいた皆様、ありがとうございました。これからも私の政治信条であります「住んでよかった鴻巣へ、健康でにぎわいと活力のあるまちづくり」、「安全・安心に暮らせる、市民協働による 人輝くまちづくり」を実現すべく、議員活動を行って参ります。。皆様のこれまで以上のご支援、ご指導をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
# by koutarou-k | 2019-04-22 23:40 | トピックス

 第59回 『 孝太郎だより 』         平成31年3月吉日    

b0198542_18280591.jpg 鴻巣市議会前議長の金澤孝太郎です。 鴻巣市は初めて経験する人口減少を見据えた行政運営、自治体間競争に勝抜くまちづくりを、市民の皆様・行政・議会が知恵を出し合い力強く進め、選ばれる鴻巣になることが重要です。
私は「住んでよかった、住み続けたい鴻巣」を政治信条に、市民福祉の向上を最優先に市政をさらに前進させるため、4月予定の統一地方選挙に頑張っていく所存です。財政の健全化に努め、にぎわいと活力あふれる鴻巣実現のため、一日一日を大切に全力で取組んで参ります。皆様の揺るぎないご支援、ご協力を是非ともお願い申し上げます。


◎議会報告とトピックス

鴻巣市組織条例の変更 : 市役所内の組織変更で、持続可能なまちづくりに向けた重点戦略事業等を着実に迅速に推進するための「市長政策室」、こども・子育ての支援を集約・強化する「こども未来部」、健全で安定的な財源運営と公共施設管理を行う「財務部」、防犯・防災等官民協働で行う事業を推進する「市民生活部」を組織し、教育委員会は教育総務部と学校教育部を「教育部」に統合し、生涯学習課に文化センター・映画館を所管させ、スポーツ課を戻した組織に変更します。 なお実施は平成31年4月からです。

○鴻巣市手話言語条例が制定されました : 金澤議員が所属する文教福祉常任委員会を中心に議員提案で、手話は言語であるとの認識に基づき、手話の理解と普及に努めるべく 「鴻巣市手話言語条例」が、聴覚障害者皆さんの協力のもと制定されました。 よかったです!

デマンド交通(タクシー)の実証運行  70歳以上の高齢者や障がいのある方、未就学児等の移動手段・利便性の向上のため、 自宅から共通乗降場間を低額で行けるデマンド交通です。 好評で現在6000名以上の方が市役所・支所・公民館等で事前登録をしています。 「フラワー号」と民間路線バスと一体的に機能する公共交通を目指します。便利になりますね!

中学校給食センターの新設・学校給食費の改定 : 老朽化が目立つ中学校給食センターを馬室の旧勤労者体育センター跡地に新設の計画をしています。 小・中学校の給食費が、

材費の上昇や消費税率の引上げにより、 給食費の増額が予定されます。 小学校が月額400円増え4500円に、中学校が600円増え5200円の改定を平成31年秋以降実施され

予定です。 おいしい給食を期待します!

市議会議員の大規模災害発生時の対応を協議 : 大規模災害時の市議会議員の活動要領を協議中です。(金澤議員が議長の時に提案した課題) 災害発生時、 「鴻巣市災害対策本部」からの情報・指示等を受け、 地域の避難所等での活動や安否等の情報収集・被災者に対する相談助言等をどのように行うか、協議しています。

鴻巣駅東口駅通り再開発事業の完成 

住居のマンション195戸は完売になり 、平成31年7月以降に入居を予定しています。 現在 自走式の駐車場棟の建設、電線類の地中化工事を行っており今後、市の事業である防災機

能を持つ街区公園の整備、周辺道路4路線の道路拡幅工事を行います。 この再開発事業の完成で、私たちが携わった駅東口A地区再開発事業(エルミ棟)と合わせ、長い年月を擁した

鴻巣駅東口地区の市街地再開発事業が完了します。

鴻巣駅東口エリアの交通渋滞緩和対策の推進

 駅東通線(駅通り)は約18mの拡幅となり、うち再開発側に幅員3.5mの歩道整備と、車道部に右折帯が新設されます。 宮本通線は幅員8mから12mに拡幅、両側に2.5mの歩道を

整備し、朝・夕の交通混雑緩和、歩行者の安全な環境を整備します。 三谷橋大間線の道路拡幅工事の用地取得率は約80%で平成34年度工事完了をめざします。 鴻神社前交差点

(中山道)の右折帯新設改良を含め、周辺約170m区間で道路幅員を広げる計画があります。

中央公民館周辺エリアの再編計画 

金澤議員が平成309月議会で一般質問した施策です。 今後の人口減少社会に対応した持続可能な公共施設として、単体施設でなく中央公民館周辺エリアとして、老朽化対策も含め

共施設の再編計画が進んでいます。 中央公民館は昭和50年、鴻巣児童センターは昭和54年の建築で、旧耐震基準建築で老朽化しています。 隣接した公園を含めた中央公民館

の再生プランを、前橋工科大学と共同研究をしています。 今後は、公共施設等総合管理計画の中でエリア再編と位置づけ、民間活力の導入等の検討も必要です。 また、周辺の

で富町自治会館と同設する、消防第2分団消防器具置場の移設等も老朽化対策を含め、多角的に検討する必要があります。

保育ステーションを鴻巣駅前に設置 

平成31年4月より、保育所と認定こども園を利用する児童の送迎に保護者の負担軽減を図るため、登降園するまで一時的に預かる施設をエルミこうのす4階に設置します。 専用車によりお子さんが在籍する指定保育所まで送迎します。 時間内の送迎が困難な場合や兄弟が異なる指定保育所の入所している場合など利用できます。便利になりますね!

かなざわ孝太郎議員の主な一般質問(平成27~平成30年度、29年度は議長のため無質問)

・生活環境の保全をはかる空き家等の対策、空き家等の実態把握とデータベースの整備

・長年の住民要望である「鴻巣駅東口駅通り地区再開発事業」 地権者の要望・合意形成は

・中央公民館エリアの再編計画 中央公民館・児童センター・児童公園の再編と老朽化対策

・公共上・下水道の将来への経営健全化の方向性、公共資産の管理(アセットマネジメント)

・国の「花き振興法」に基づく鴻巣市の花き産業と花き文化の振興、こうのす花きのブランド化

・公共施設のあり方を実現する「公共施設等総合管理計画」の策定、老朽化状況と財政支出

・自治体間競争に対応した選ばれる自治体になるためのシティプロモーションの取組み


・広域交通の「道の駅」整備による、地方創生拠点づくり、鴻巣市の整備コンセプトは


・鴻巣市入札制度改革の取組み、工事代金の「中間前金払い制度」の導入の考え方


・鴻巣市立中学校生徒の「海外派遣」 スポーツ・文芸等で優秀な生徒へ別枠の海外派遣は


・市街化編入(原馬室、松原、小松)地区のライフライン工事等の整備状況は


・マンション等共同住宅の防火・防災対策の状況は、自主防災組織の防火活動


・教職員の働き方改革、長時間勤務の改善、中学校部活動の運営状況は


・安全・安心に寄与する街路灯と防犯灯の役割、商店街街路灯の維持・管理の行政支援は


・人と生物の共生できる環境整備「こうのとりの里」づくり事業と市民協働の取組み


市議会議員は市民の皆様からのご意見要望を伺い、市政にできる限り反映させていく使命があります。 4月の鴻巣市議会議員選挙に立候補させて頂き、さらなる市民福祉の向上のため全力で取組みます。なお一層のご支援、ご協力を是非ともお願い申し上げます。

                鴻巣市議会議員   かなざわ孝太郎


# by koutarou-k | 2019-03-01 10:00 | 市議会報告

鴻巣市議会前議長の 金澤孝太郎です。  

皆様 明けましておめでとうございます。希望に満ちた輝かしい新春をお迎えの事と、心からお慶び申し上げます。平素より、かなざわ孝太郎の議員活動にご理解とご指導をたまわり、厚く御礼申し上げます。

今年は、“平成”の年号が変わる節目の年であります。そして、希望に満ちた新たな時代へのさきがけの年でもあります。

鴻巣市は、平成29年度からの「第6次鴻巣市総合振興計画」に基づき、本市の進むべき方向性を明確にした政策及び施策が、体系化に推進されています。また、「鴻巣市公共施設等総合管理計画」により、老朽化が目立つ公共施設等の更新・統廃合・長寿命化を計画的に管理する施策が進められております。

鴻巣市まち・ひと・しごと創生総合戦略では、人口減少社会への適応として健康なまちづくり、子育てから高齢者までのライフサイクルごとの施策や、企業誘致産業団地や道の駅の新設を国道17号箕田交差点 熊谷バイパス沿いの両側に計画しております。

また自然と調和を図るコウノトリの里づくり事業が吹上アリーナこうのすに計画され、笠原郷地地区には鴻巣行田北本環境資源組合が行うごみ処理施設の建設、医療の拡充を図る病院誘致活動、等が適正な財源確保を図りながら、計画的に進められています。

 今年4月には、統一地方選挙が行われます。持続可能な都市の実現に向け 「住んで良かった鴻巣へ、健康でうるおいと活力のあるまちづくり」・「市民の皆様との協働による、健全な地域コニュニティのまちづくり」を政治信条とし、更なる鴻巣市発展のため市民の皆様の負託に応えられるよう一日一日を大切に、一生懸命議員活動を行ってまいります。

今後とも変わらぬご支援、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

      平成三十一年 元旦

                        鴻巣市議会議員  かなざわ 孝太郎 


# by koutarou-k | 2019-01-01 10:00 | トピックス

第57回 孝太郎だより

   第57回 『 孝太郎だより 』          平成 30年 12月吉日  討議資料

b0198542_16221304.jpg

鴻巣市議会前議長の金澤孝太郎です。 健康で住みよい鴻巣になるために、一日一日を大切に、議員活動を行っております。 鴻巣市は、中期・長期的なまちづくりビジョンが必要で、特に人口減少社会への適応・持続可能な都市の実現は、今後の重要政策と考えております。鴻巣市が誕生して初めて経験する人口減少を見据えた行政運営、そして、自治体間競争に勝ち抜くまちづくりを、市民の皆さん・行政・議会とともに知恵を出し合い、力強く進め“選ばれる鴻巣”にならなければなりません。 私は、先人たちが築いてきた歴史や文化、伝統を引き継ぎ「住んでよかった、住み続けたい鴻巣」を議員信条としております。来春には統一地方選挙が行われます。皆様のご期待に応えるべく努力し てまいりますので、引き続きご支援、ご指導の程よろしくお願いいたします。

◎議会報告とトピックス

鴻巣市組織条例の変更 : 市役所内の組織変更で、持続可能なまちづくりに向けた重点戦略事業等を着実に迅速に推進するための「市長政策室」、こども・子育ての支援を集約・強化する「こども未来部」、健全で安定的な財源運営と公共施設管理を行う「財務部」、防犯・防災等官民協働で行う事業を推進する「市民生活部」を組織し、教育委員会は教育総務部と学校教育部を「教育部」に統合、生涯学習課に文化センター・映画館が移設所管となり、スポーツ課を戻した組織に変更します。なお実施は平成31年4月からです。

            

鴻巣市手話言語条例が制定されました : 金澤議員が所属する文教福祉常任委員会を中心に議員提案で、手話は言語であるとの認識に基づき、手話の理解と普及に努めるべく

b0198542_16253816.jpg
 「鴻巣市手話言語条例」が、聴覚障害者皆さんの協力のもと制定されました。よかったです!

学校給食費の改定 : 小・中学校の給食費が、食材費の上昇や消費税率の引上げにより、給食費の増額が予定されます。小学校が月額400円増え4500円に、中学校が600円増え5200円の改定を平成31年秋以降実施される予定です。おいしい給食を期待します!

保育ステーションの設置 : 平成31年4月より、保育所と認定こども園を利用する児童の送迎に保護者の負担軽減を図るため、エルミこうのす4階に保育ステーションを設置します。 市内在住で指定保育所に入所の2歳~5歳児で定員は20名です。便利になりますね!

市議会議員の大規模災害発生時の対応を協議 : 大規模災害時の市議会議員の活動要領を協議中です。(金澤議員が議長の時に提案した課題) 災害発生時、「鴻巣市災害対策本部」からの情報・指示等を受け、地域の避難所等での活動や安否等の情報収集・被災者に対する相談助言等をどのように行うか、協議しています。


◎ 金澤議員の一般質問

1 交通混雑が激しい鴻巣駅周辺エリアの交通環境の改善について

 三谷橋大間線道路工事の進捗状況と中山道鴻神社前交差点の交通混雑緩和対策は?

A 三谷橋大間線の道路拡幅工事の用地取得率は今年度5件の見込みがあり、全ての用地が取得できた場合、用地取得率は約80%となります。事業認可は平成34年度迄の期間延長をしております。また、中山道を管理する北本県土整備事務所では、鴻神社前交差点の右折帯新設改良を含め、周辺約170m区間で道路幅員を広げる計画があります。また、国道17号宮地交差点周辺の工事は平成31年3月の完成予定です。

 鴻巣駅東口駅通り市街地再開発事業、完了後の駅周辺の交通アクセスは?

A 駅東通線(駅通り)は約18mの拡幅となり、うち再開発側に幅員3.5mの歩道整備と、車道部に右折帯が新設されます。宮本通線は幅員8mから12mに拡幅、両側に2.5mの歩道整備、電線の地中化により、朝・夕の交通混雑緩和、歩行者の安全な環境を整備します。


2 人と生物が共生できる環境 コウノトリの里づくり事業の取組みについてb0198542_16320066.jpg

Q 人のも生きものにもやさしいコウノトリの里づくり事業の進捗状況は? 

A コウノトリの飼育施設の建設候補地は、市有地であり、飼育・繁殖・放鳥に適している「コスモスアリーナふきあげ」内で、ケージ・飼育管理等を施設面積約2600㎡に整備します。平成31年度に施設設計を、平成32年度に施設整備の予算を計上、建設開始の計画です。

Q 将来の放鳥に向けた、周辺市町との連携体制 

 荒川流域エリアのエコロジカル・ネットワークは鴻巣市・北本市・桶川市・行田市・吉見町・川島町の4市2町で形成し、将来の放鳥を視野に水辺環境の保全やビオトープ(餌場)の整備等、広域的な連携・協力を鴻巣市が先導役になり進めています。

Q 施設完成後の管理・運営は、どのように行うのか?

 コウノトリは国の特別天然記念物で絶滅危惧種です。飼育は、専門的な知識と経験のある人材等による責任ある飼育体制が必要です。飼育費用は「コウノトリの里づくり基金」を充当する計画です。また、施設見学の対応や本市の取組みのPRをしたり、放鳥を考えて水辺環境の保全やビオトープの整備等、多くの市民ボランティアや事業者・学校・行政など“オールこうのす”の協力体制が不可欠です。

市民の皆様からのご意見、ご要望をお聞かせください。 皆様からの要望を行政に働きかけ、実現に向け鋭意努力してまいります。皆様方のご期待に応えるべく努力してまいりますので、引き続きご支援、ご指導の程よろしくお願いいたします

                                                        鴻巣市議会議員   かなざわ孝太郎


# by koutarou-k | 2018-12-20 10:00 | 市議会報告

孝太郎だより 55

第55回『 孝太郎だより 』
   平成30年10月吉日  討議資料   
鴻巣市市議会前議長の金澤孝太郎です。日頃より鴻巣市議会の活動に対し温かいご理解とご協力をいただきまして、厚く御礼申し上げます。
私は、今年6月まで市議会議長として、中立で公平な立場で円滑な議会運営に努めて参りました。歴史や文化の伝統を引き継ぎ「住んでよかった、住み続けたい鴻巣」を議会信条とし、健康で住みよい鴻巣になるために、一日一日を大切に議会活動を行っています。
鴻巣市は、微減ですが人口減少が表面化しつつあり、持続可能な市政運営のため人口の確保が重要です。 自治体間競争に勝ち抜くための新規事業や施策別戦略・重点的プロジェクト等を推進し「選ばれる都市」にむけ鴻巣市の魅力を発信していくことが重要です。
 議会報告とトピックス
○ 平成29年度鴻巣市決算:平成29年度は「第6次鴻巣市総合振興計画」による、まちづくりの初年度でありました。「人口減少の抑制」・「人口減少社会の適応」という、従来では経験のない課題に取組むスタートの年度でもあり、各部門において積極的な施策を展開してきました。 一般会計の最終予算額は362億9576万円となりました。
 平成29年度決算状況は、一般会計と特別会計を合わせた決算総額で、歳入が623億3474万円で前年度比1.0%の増加、歳出が592億2028万円で前年度比0.2%の減少となりました。 市の預貯金である、基金残高は103憶2444万円となっています。 市の財政状況を示す財政指標は、実質赤字比率や実質公債費比率・将来負担比率などで、国が示す財政健全化指標を下回っており、健全な財政運営が継続されています。
 平成29年度決算は、安定的な財源確保に裏付けされた、選択と集中による重点化施策の実施により、各種施策を積極的に取組んできました。なお、金澤議員は9月議会で 「平成29年度鴻巣市一般会計決算認定」の討論で賛成討論を行いました。

○「道の駅」整備事業と「産業団地」の開発計画:北鴻巣の「道の駅」整備候補地は、上尾道路の延伸を考慮し、国道17号箕田交差点から熊谷バイパス沿いの左側地域に整備する計画です。また、同地区の熊谷バイパス右側地域に埼玉県と鴻巣市で産業団地の開発を計画しています。 今後 双方の事業により産業振興、地域経済の活性化、雇用確保等が期待できます。

○こうのとり飼育施設をコスモスアリーナふきあげ敷地内に:自然環境改善の一環として進めている「こうのとりの里づくり」事業で、こうのとりの飼育・繁殖・放鳥による野生復帰を推進する拠点として、飼育施設はコスモスアリーナふきあげ敷地内で整備する予定です。

○中央公民館周辺エリアの再編計画:金澤議員は9月議会で一般質問した施策です。 今後の人口減少社会に対応した持続可能な公共施設として、単体施設でなく中央公民館周辺エリアとして、老朽化対策も考慮して見直していく市民協働のプロジェクトが進んでいます。今後は、公共施設等総合管理計画の中でエリア再編と位置づけ、民間活力の導入等の検討も必要です。また周辺の富永町自治会館と同設している、消防第2分団消防器具置場の移設は、今後 多角的に検討していく必要があります。

○保育ステーションの設置:鴻巣市立の各保育所へ朝夕、送迎サービスをする施設を設置します。場所は鴻巣駅東口のエルミビルで、来年4月開始予定です。保護者の皆さんにとって、保育所に行かなくても、保育ステーションへの送り迎えで済みます。便利になりますね!

○鴻巣市立鴻巣保育所の園庭を芝生化に:鴻巣市東町にある鴻巣保育所の園庭は、雨水の水はけが悪く、大雨が降ると園庭が使えなくなります。平成31年度に土壌改良と排水施設の改修を行い、芝生化に整備する計画です。

○手話言語条例制定にむけ活動中:金澤議員が所属する文教福祉常任委員会では、手話は言語であるとの認識に基づき、手話の理解と普及に努めるべく「鴻巣市手話言語条例」制定にむけ、聴覚障害者の皆さんと協議を進めております。埼玉県では、既に県と24の市町で制定しております。

金澤議員の9月議会 一般質問
1 教職員の働き方改革、長時間勤務の改善について
問 教職員の長時間勤務の改善と中学校の部活動の運営は、どのように行っていくのか?
答・教職員はICカードによる出退勤管理を改革の一環として実施しています。今後は埼玉県教育委員会の教育方針に沿った業務改善プランを策定し、業務の見直しや教職員の意識改革を行っています。
 ・中学校運動部の部活動は、埼玉県の指導により、平日は2時間程度、週休日は1日休養日を設けます。 各部の外部指導員には、月2回以上、1回あたり2時間程度の指導をお願いし、指導力の向上や教職員の負担軽減を図ります。

2 安全・安心に寄与する、街路灯と防犯灯の役割につい
問 老朽化する商店街街路灯の維持管理は、市への移管か?防犯灯の一部に組み込めないか?
答 防犯灯は犯罪防止を目的に、修繕や電気料金などの維持管理は市が負担しています。 商店街街路灯を市が維持管理するには、市の要綱や設置基準などの精査・検証が必要です。今後は、商店街の皆さんの負担を軽減するために照明のLED化や電気料金の補助などを見直し、管理団体の負担軽減に努めます。(来年度の予算要望をしています)

*市民の皆様からご意見、ご要望をお聞かせください。皆様からの要望を行政に働きかけ、実現に向け鋭意努力して参ります。 今後も皆様のご期待に応えるべく努力して参りますので、引き続きご支援・ご指導の程よろしくお願いいたします。

          鴻巣市議会  かなざわ孝太郎    

            











# by koutarou-k | 2018-10-01 18:00 | 市議会報告